SPONSORED LINKS

※PR記事になります。

昨年末にオープンしたSukhumvit Soi13にある新しいタイレストランに行ってきました。

あのBlack Pinkも訪れたSathonにある超有名タイレストランBlue Elephantのオーナーが当店のオーナーをしているとのことです。

バンコクにはあまり見かけないスタイルのお店となっており、プーケットやタイ南部のお洒落なレストランを彷彿とさせるようなお店となっていました。

 外装、インテリア

当店の周りは高層コンドミニアムやホテルなどが乱立しており、雑多な感じがあるエリアとなっていますが、自然豊かな敷地を保有しています。

庭に行く道も植物が生い茂っており、スクンビット通りから徒歩7分程度しか離れていないにもかかわらず、表通りとは全く異なる雰囲気を醸し出しています。

当店のアウトドア席の中心には樹齢100年を超える大樹が生えており、その周りにはバーカウンターが用意されています。

木には南国感溢れるお洒落な照明がいくつか吊るされていますが、夜になると更にいい雰囲気になるようです。(夜間の写真を見せていただきましたが、かなりいい感じでした。お酒を飲むには完璧だと思います。)

バンコクではこのようなお店がそこまで多くないので、店内飲酒の解禁が待ち遠しくなります。

店名にある通り、当店の敷地にはゴリラや猿の飾り、絵が多く見られます。

こちらの大きな木のおかげでアウトドア席のほとんどが木陰となっているので、暑さはほとんど感じませんでした。

それにしても立派な木です。

カウンターにはチンパンジーがお酒を飲む絵が描かれていました笑
店内飲酒が禁止されるまでは、多数のクラフトビールを扱っていたとのことでした。

スタイルとしてはファラン好みかと思いますが、実際70%のお客さんはファランだったとのことです。

当店はアウトドア席だけでなく、古民家を利用したカフェも準備中とのことでした。

こちらは第二次世界大戦前に建てられた歴史のある家とのことです。

今回特別に店内を見学させていただきました。

正面口を入ってすぐに猿の像が置かれていました。周りを見ても猿のモニュメント、小物、絵画が溢れていました。とても可愛いです。

ビンテージ感あふれる小物が多く用意されており、また猿の置物がいいアクセントとなっています。

どこもかしも猿がいるのでインテリア見ているだけでも楽しいです。

時折ゴリラが混じっているのはご愛敬です笑

建物の1Fには3部屋ほどあり、どの部屋もユニークな内装となっていました。奇抜さもありますが、歴史のある民家を使っていることもあり、どこか味のある内装となっています。

 Menu(Clickすると拡大します。)

 ドリンク、料理、デザート

オレンジジュース、パッションフルーツジュース、シナモンシロップ等が入ったドリンクです。

とろみがあり、そのとろみがフルーツの甘さを引き立てている印象を受けました。南国感が十分味わえるドリンクとなっています。こちらおすすめです。

グアバ、オレンジジュース、ライムジュース等を使用したドリンクです。

上記のドリンクに比べてさっぱりとした感じで、肉料理と一緒に飲むと口直しとしてとてもいいかと思います。

爽やかなドリンクを好む方にはおすすめします。

当店のSignatureとのことです。見た目がシンプルなのでホットドッグのような感じを想像していましたが全く味が異なりました。

ピリ辛のラオスソーセージ(チェンマイソーセージと似ています。)と台湾風パンの甘味が完璧なマッチングとなっています。

こちら大変おすすめです。こちらが一番美味しかったです。

イギリス帰りのラオス人シェフの手作りのXOソースは、麻婆とキムチを混ぜたような風味となっており、炒飯との相性はとてもいいです。

Fishソースで漬けられた卵黄とアンガス牛と一緒に食べると絶品です。

上記の炒飯を豚肉に変えたバージョンとなります。個人的には上記の牛肉のほうが美味しいかと思います。

チキン自体の味はガイヤーンの様な味となっており、パリッとしたチキン自体に十分味が付いています。

更にアルゼンチン発祥のチミチュリという酸味の効いたソース(右下の緑のソース)がとても美味しく、ボリュームがかなりありますが、すべて平らげてしまいました笑

豚肉の甘味と味噌の様なソースの塩気、パクチーを使用したサラダの酸味すべてがいいコンビネーションとなっています。

お互いの不足している点を補完し合うような組み合わせかと思います。

シェフが直々にこの3つを一緒に食べてほしいと力説していました。

こちらはかなりアーティスティックなスイーツとなっています。ミルクアイス、タイのドライオレンジ、バジルを使用したスイーツです。

バジルが入っているためこちらは個人的には口には合いませんでしたが、そこに抵抗がない方は美味しいかと思います。

 レビュー、おすすめ度

おすすめ度:PR記事なので省略。

バンコクでは稀に見るスタイルのレストラン兼バーとなっており、個人的にはあたかもタイ南部にいるような感覚にさせる雰囲気がありました。

樹齢100年を超える大樹からなるアウトドア席は、スクンビット界隈のほかのお店では見られないようなものになっているかと思います。

夜のアウトドア席の雰囲気は間違いなくいいと思います。

料理についても、どれも丁寧に作られている印象を受け、またラオス人シェフのこだわりも多くみられました。

料理、ドリンク双方ともにお値段以上のクオリティーになっていることは間違いなしかと思います。

店内飲酒が解禁されたのちに、夜間時にプライベートですぐに行ってみたいと思います。

 店舗情報

当店のFacebookはこちらまで。

店舗名:Monkey POD

営業時間:11:00〜20:00

住所:27 Soi Sukhumvit 13, Khlong Toei Nuea, Watthana, Bangkok 10110

TEL: +6621159830

ランキングに参加しており、協力いただけると幸いです。

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ

SPONSORED LINKS