SPONSORED LINKS

昨年(2020年)12/19にオープンしたノンタブリーにあるエスプレッソバーに行ってきました。

他店では見られないようなユニークなドリンクを多く扱っているお店でした。

写真映えするようなアイテムが数多く揃っています。

バンコク在住のほとんどの日本人の方にとって、ロケーションは決して良くないと思います。

私が行った際は、当店で支払った料金よりもタクシー代のほうが高かったです笑

 道のり

入口からローカル臭が漂っていますが、こちらの建物の8Fに当店はあります。こちらの建物はどうやらホテルのようでした。

エレベーターでは7Fまでしか行けないので、まず7Fに行く必要があります。

7FまであがるとMaganda Houseと大きく壁に書かれているので、それに沿って階段を昇っていきます。

階段を昇っていくと右手に看板がありますので、そこから店内に入ることができます。

建物の入口から大きく店名が書かれているので、外国人の私でも非常にスムーズにたどり着くことができました。

 インテリア

店内に入るとまずカウンターが目に入ってきます。こちらではコーヒー関連の機械が多くみられ、かなり気合が入っている様子でした。

中々な額の投資がされていると思います。

店内の奥のほうに進むと長細い大きい部屋があります。スペースが広大かつ席数もかなりあるので、ゆとりがありました。

バンコク郊外ということもあり、スクンビット界隈のカフェと比べて規模がかなり大きいです。

壁側には同じ位置で椅子、机、花が置かれており、こういった統一感のある造り、見せ方は個人的に好きです。

それにしても席数が多いですが、店内には私以外お客さんがいませんでした。(午前中に行ったからかもしれません。)

お店の中は日当たりが良いです。夜になるとまた違った側面を見せるような感じでした。

お酒が解禁されるのが待ち遠しいです。

 Menu(Clickすると拡大します。)

 ドリンク

エスプレッソとタイでは定番??のフルーツのタマリンドを使用したドリンクです。

タマリンドの甘酸っぱさとエスプレッソのうま味が違和感なく組み合わさっていました。

今まで飲んだことのない味となっており、かなり新鮮でした。

シュークリームのようなスイーツが付いてきました。これが意外に美味しかったです。

黒カカオを使用したドリンクです。色からわかると思いますが、かなりカカオ色が濃いめのドリンクとなっています。

提供時に2人のスタッフの方が席まで来てくれて、キャラメルのようなシロップをかけてくれ、最後に花を添えてくれます。お洒落な提供スタイルでした。

写真には映っていませんが、こちらのドリンクにはブラウニーが付いてきます。

最後に並べて写真を撮りました。なかなか絵になる感じです。

 レビュー、おすすめ度

おすすめ度:★★★☆☆

ドリンクのラインナップがワクワクさせるようなものとなっており、他店では見られないようなものありました。

差別化がよくできている印象を受けました。

バンコクの人気カフェでもここまでユニークなドリンクをそろえているお店はほとんどないと思います。

ですが、ドリンクに傾倒しすぎているのか、食べ物(スイーツ)がほとんど用意されていなかったのは残念です。

こういった尖ったお店は個人的には好きですが、ほかの人に勧められるかというとまた別の話になります。

ロケーションについては、バンコク方面から行くとUターンして結構な距離を戻ることになるのであまりよくないです。

ノンタブリー、チャトチャック周辺に出かける際に、変わったドリンクを飲みたい際は選択肢に入れるのはありかと思います。

 店舗情報

当店のFacebookはこちらまで。

店舗名:Maganda House

営業時間:8:00〜0:00(通常時期)

住所: 7 39-40 Kitti Khachon, Tambon Bang Khen, Mueang Nonthaburi District, Nonthaburi 11000

TEL: +6625893399

ランキングに参加しており、協力いただけると幸いです。

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ

SPONSORED LINKS