SPONSORED LINKS

Booking.comでクチコミが驚異の9.4点のHua hinのホテルに気分転換がてら泊まってきました。

Agodaでも2020年6月24日時点で9.0点の高評価を受けています。アンティーク調のホテルで、主に西欧人から高評価を受けている感じです。部屋数も限られているので静かにゆっくりと過ごすことのできる小規模ホテルです。

今回泊まった部屋はシービュー スイートになります。

パタヤに行くノリで行きましたが渋滞がひどく、片道5時間もかかりました、、、

内容が長いのでパートを二つに分けたいと思います。

内装、外観

中庭を中心にVillaと本館が並んでいる構図となっています。
中庭には噴水とプールがあり、海岸の目の前にプールがあります。
本館も花や植物で囲まれています。その割には虫がそこまで多くなく、何か対策をされているようでした。
チェックイン時にウェルカムドリンクとしてバタフライピーティーとちょっとしたお菓子が振舞われます。バタフライピーティーの色が鮮やかでした。
海岸沿いにリクライニングがあるので寝ながらゆっくりすることができます。海は特にきれいではありませんが、周りに遮断するものがないので開放感満載です。
夕焼けを見ながらプールにつかることもできます。
小規模ホテルのため、プールを独り占めできるような時間が多かったです。
本館のロビーにはアンティーク品が多く展示されていました。
アンティークに興味のない私でも思わず写真を撮ってしまいました。
一つ一つのアイテムがかわいくて癒されます。本館にはレストランかつバーが併設されており、夜の10:30までオーダーができるとのことでした。

夕暮れを見ながら一息

本館の目の前にあるロッキングチェアが空いたので、こちらでゆっくり夕焼けを見ることにしました。
併設のレストランで頼んだカクテルを飲みながら、揺らり揺らりと時間を過ごしました。まさに至福のひと時です。タイにいるリタイアしたファランみたいな気分です。

部屋

入口から入ってすぐの部屋になります。ソファーがふかふかでした。こちらの部屋ではほとんど時間を過ごすことはありませんでした。
寝室になります。
若干年季が入っている感じがしますが、掃除はしっかりとされている感じでした。
私が止まった部屋のベットはクイーンサイズになります。
なんとミニバーがすべて無料でした。この価格帯でミニバーが無料なのは初めてなのでびっくりです。
フルーツの盛り合わせもミニバー近くにありました。どれもフレッシュで美味しかったです。
浴室になります。当ホテルは全室バスタブがあるようです。
シャワーヘッドが昔の電話の受話器のようになっていて可愛いです笑
アメニティーに関しては、可もなく不可もなくといった感じです。

Part2について

日が落ちてからは市内のナイトマーケットに行きましたので、そちらについても触れたいと思います。ナイトーマーケットからチェックアウトまでの内容をPart2で記載していきたいと思います。

レビュー、ホテル情報についてもPart2で言及いたします。

ランキングに参加しており、こちらクリックいただけると幸いです。

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ

SPONSORED LINKS

1 Comment

  1. Pingback: Devasom Part 2 | bkkhunger

Leave A Comment

メールアドレスが公開されることはありません。