SPONSORED LINKS


Ariにある本格中華麺(ビャンビャン麺)が食べられるお店に行ってきました。

麻婆テイストの新Menuがあると聞き、再訪しました。

Master Chefという料理番組のジャッジを務めた方の息子さんがオーナーをやっているようです。

Neo-Chineseという自負があるらしく、一般的な中華料理店とは一味違った料理を提供しています。

日本の麺料理と異なった美味しさがあり、麺料理にうるさい日本人でも満足できるクオリティーになっているかと思います。

 外観、インテリア

店名の穀倉が大きく書かれた看板が目印となっています。かなり細いソイの前にあるので、初めて行く方は道が間違っていないか不安になるかと思います笑

店内はこじんまりとした中国の老舗料理店のような雰囲気が出ています。ですが、古臭さは全くなく清潔に保たれています。

机、椅子は木造調で落ち着いています。

中国らしい小物も置かれていました。ヤワラート界隈にある中華レストランとはまた違った感じとなっており、なかなか興味深いです。

 Menu(Clickすると拡大します。)

Menuは英語も日本語も一切ないので、書いている内容がわかりませんでしたが、写真があるので選ぶのにそこまで苦労することはないと思います。

麺料理が中心となっていますが、同じ具材を使用した丼系のMenuもありました。麺料理はどれも美味しいので、毎回非常に迷います。

Menuもなかなか味のある内容となっています。

 料理をオーダー

立派な壺に入って提供されます笑

タイのお茶は大概甘かったり、馴染みのない味で好きではないのですが、当店のお茶はとても美味しいです。
形容し難い味ですが、ほとんどの日本人の方は美味しいと感じると思います。

120バーツとは思えないクオリティーです。カリカリに揚げられたワンタンと中央の柚子のソースが絶妙な組み合わせになっています。

甘めのタレにジューシー極まりない蒸した鴨肉が漬かっています。

最高に美味しいです。当店に訪れたらマストのMenuとなります。

Sealingされたパックの中で、緻密な温度コントロールのもと作られているそうです。非常に手間がかかる方法で調理しているとのことです。

当店Signatureの料理となります。スープは鶏白湯に近いかと思われます。付け合わせのチャーシューもかなり分厚く、食べ応え十分となっています。

きしめん以上に太い麺が入っており、スープとよく絡み合い絶品です。

大変おすすめです。

今回のお目当ての料理となります。中国で修行していたこともあり、麻婆が人気中華料理店に引けを取らないクオリティーとなっていました。

こちらも同様に太麺となっており、麻婆と完ぺきに絡み合っていました。

 レビュー、おすすめ度

おすすめ度:★★★★★

Ariといったら当店が真っ先に思い浮かぶほど、料理のクオリティーが高いです。

特に蒸し鴨については、何度食べてもにやけてしまうほどの美味しさです。

麺類についても文句なしに美味しく、ユニークさもあることから、完全に他店と差別化できているかと思われます。

自称しているNeo-Chineseも、全く過言ではないと個人的に思います。

 店舗情報

当店のFacebookはこちらまで。

店舗名:Yoong Chang

営業時間:11時00分~22時00分(火曜日定休日)

住所: 24 Ari Samphan 6 Alley, Samsen Nai, Phaya Thai, Bangkok 10400

TEL:+66909764686

ランキングに参加しており、協力いただけると幸いです。

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ

SPONSORED LINKS

Leave A Comment

メールアドレスが公開されることはありません。